スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レバレッジって
2008年08月23日 (土) | 編集 |
レバレッジとは、
直訳は、leverage・・・てこの作用、てこ装置、てこ比
という意味になります
簡単に言うと、小さい力で大きい物を操るという意味になります


為替を車に置き換えてみます
ここに100万円する車があります
この100万円の車を100万円で買えると、レバレッジ1です
この100万円の車を10万円で買えると、レバレッジ10です
この100万円の車を1万円で買えると、レバレッジ100となります
レバレッジが効いていると実際の価格よりもずっと小さい金額で売買できます

これを為替に直してみます
100万円分の通貨を100万円で買えると、レバレッジ1です
100万円分の通貨を10万円で買えると、レバレッジ10です
100万円分の通貨を1万円で買えると、レバレッジ100です

ここで、100万円分の通貨とは、例えば米ドルですと
今1ドルが100円(計算し易いので)と仮定すると
100万円÷100円(1ドル) = 1万米ドル
となります

なので
1万米ドル(100万円分)の通貨を100万円で買えると、
                  レバレッジ1です
1万米ドル(100万円分)の通貨を10万円で買えると、
                  レバレッジ10です
1万米ドル(100万円分)の通貨を1万円で買えると、
                  レバレッジ100です
となります


それでは次に、日本円を他の通貨に換算する場合を考えてみます
銀行に行って「1万米ドル下さい」と言うと、いくら必要になるでしょうか
円 = 通貨量 × 通貨レート の計算になりますので
通貨レート1米ドル = 100円の時だと
円 = 1万米ドル × 100円 = 100万円
100万円必要となります

これにレバレッジが入ってくると、式は
円 = (通貨量 × 通貨レート) ÷ レバレッジ
となります

レバレッジ100の場合、銀行で1万ドル換金に100万円必要だったのが
円 = (1万米ドル × 100) ÷ 100 = 1万円
となり、1万円で売買できることが分かります
ちなみに1米ドル110円の時は
円 = (1万米ドル × 110) ÷ 100 = 1.1万円
1.1万円必要になります
この1.1万円が証拠金と呼ばれる物です


ふー疲れた(^^;
レバレッジってお得だー って思ってしまうかもしれませんが
ここに大きな落とし穴があります
レバレッジが高いとその分、自分の資金に対しての影響力も大きくなりますので
自己資金のバランスを考えながら実際にトレードする通貨量をコントロールしないといけません
これを実質レバレッジと言います
FX業者で言っているレバレッジとは、また違った意味になります

それはまた次回に
スポンサーサイト
レバレッジって、為替証拠金取引(FX)って なんだー
2008年08月19日 (火) | 編集 |
レバレッジとか為替証拠金取引とか、なんだー
って思う今日この頃?(^^;

当然、既にご存じの方にとっては、今更なにを...って感じですが
以外と、この言葉、初心者には不可解な言葉で
それも以外と語られていない
FX業者のページに行くと当たり前のように
レバレッジ100倍とか200倍とか書かれていて
なかなか説明がない あっても分かりやすく書かれていないとか

しかも、勘違いしやすいのが
レバレッジが高いと特ですよー
高ければ高いほどお得ですー みたいな印象を受けてしまう
もちろん、自分の投資スタイルが確立していて
常勝トレーダーの方にとっては、レバレッジが高い方が
資金効率がよくなるのでお得だと思うけど
初心者がこの言葉に踊らされて
やみくもにポジションを持ったら大変です
大やけどをします


初歩の初歩的な言葉だけど
このページは、(当たり前すぎて)他ではあまり語られていない事柄を
あえて発信していきたいと思います

で、肝心な説明は...
また、次回にしたいと思いまーす
トレードツールのタイプ
2008年08月11日 (月) | 編集 |
トレードツールのタイプには、現在大きく分けて3つのタイプがあります
(携帯は省きます)

1.アプリケーション型
2.JavaApplet(じゃば あぷれっと)
3.FLASH(ふらっしゅ)型

1.アプリケーション型について
これは、主にWindows用に作られたツールです
取引業者のホームページからダウンロード後
インストールして使用します
ファイル名は「なんとか.exe」という名前になります
拡張子.exeとは実行型ファイルと言われていて
Windowsがあれば、他には特別なソフトは必要なく
動作するようになっています。
(一部他のツールが必要なものもあります)

ツールの安定性(約定能力ではあません)では3つの中では一番よいです
メリットは、やはり安定性でしょうか
デメリットは、Mac対応のものはないので(たぶん無い)
Macユーザーは使用できないというとこです


2.JavaApplet(じゃば あぷれっと)型
これは、Javaというプログラム言語というもので作られたツールです
その中でもブラウザ上で動作するものをJavaアプレットと言います
メリットは、OSを選ばないというところです
ブラウザがJavaアプレットに対応していれば、Windowsでなくても
動作します
だけど、業者の推奨環境にはWindowsって明記してあることが多い
そんときは、自己責任で使うことになります

安定性は、アプリケーション型に比べると多少は落ちます
理由は、ブラウザ上で動作するので、個々のマシン環境+
ブラウザの環境によって影響を受ける為です


3.FLASH(ふらっしゅ)型
最近流行っているのが? FLASH型です
これも2.JavaApplet同様ブラウザ上で動作いたします
安定性は2.JavaAppletと同じ感じかな
FLASHの方が若干安定しているかもしまれません

メリットは、ブラウザ上で動作するのでOSを選びません
(FLASH Playerがブラウザにインストールされている必要はありますが、今は大抵のブラウザに元々入っています)
それと、分かりやすいインターフェースです
よくバナーとかでアニメーションしてるものがありますが
それと同じAdobe社のFLASHというソフトで作られています
なので、デザイン的な部分やインターフェース部分は他のツールに
比べると、分かりやすく作られています

気になる点は...
元々動作環境は選ばないのだけど、実際にMacで使ってみると
文字の上部が掛けていたりします
これは、WinとMacのフォントの違いで生じる現象です
もちろん、開発でここの違いはちゃんと調整する事も可能ですが
どうやら、Macでは動作確認はしていないのだと思われます
時間的な制約か、Macは後回しになっているのか
無視されているのか...
個人的には、ここは、是非直してもらいたいところです
投資のいろいろな情報を書きたいと思います
2008年08月11日 (月) | 編集 |
ここでは、あまり他で取り扱っていない事柄や
自分が知りたいと思った時、調べるのに意外と情報が
少なく困った事柄
あまり重要視されていないけど意外と重要だと思うこと

特に、初心者にとっては投資の単語自体をあまり知らないので
調べても、調べた情報にまた見知らぬ単語が...

という、自分が投資を始めてからこれまでに
これって結構重要だと思うんだけどなー あまり語られていないよなー
的な事を発信できればと思っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。